家庭教師と塾講師の二足のわらじ

塾講師と家庭教師の二足のわらじを履く方も多いです。
実際、塾で働いていると副業として家庭教師をしているという塾講師が多いのにビックリしたことがあります。
また採用試験をクリアしている講師は勉強もしっかり理解していますし、様々な角度から問題を指導することができます。
集団指導へ通っている生徒の保護者から別途で家庭教師をお願いしたいなど相談があり、それで始めるケースも多々あります。

塾で講師を採用する場合、やはりコミュニケーション能力もチェックされます。
生徒へ勉強の指導以外にも保護者とのコミュニケーションも重要になり、また分かりやすいように説明をしなければならないため、相手の立場にたってアドバイスできるような講師を塾側は欲しいと考えています。
生徒の指導に関しては子供目線できちんと勉強を進めているか、指導しているか塾のシステムに沿って講師として責任を持って指導していかねばなりません。

家庭教師はその点、お子さんのレベルにあったテキストを使い自由に学習を進めることができるため、成績は確実に伸びるケースがあります。
やはり重点的に苦手部分を学習することでしっかりと成績アップへと繋がっていくので、生徒の成長がわかります。