塾講師の雇用形態に疑問を持っている姿です

大学生ならアルバイト雇用で塾講師をしてみよう!

私は大学生時代、塾講師のアルバイトをしていました。
最初は気軽な気持ちで応募をしたんですが、結構競争率が激しくて3つの塾を受けてやっと1つ雇用されました。

塾講師の採用試験は面接試験だけじゃなく、自分が教えたいとか得意だと思っている科目の学科試験を受けます。
ですが、これが油断してると結構難しく、最初と2番目に受けた塾の結果は結構悲惨で当然恥ずかしながら不採用でした。
やっぱり受験用の勉強って、大学とか入ると感覚が鈍ってしまうんですよね。
これから塾講師の求人に応募したいと思っている人は、さらっとでも良いから勉強しなおしていくと良いですよ。
塾講師のアルバイトはやっぱり自分の得意分野を教えることができるとあって、かなりやりがいがあります。
生徒たちとも仲良くなれれば授業中も良い雰囲気で、楽しくお金を稼ぐことができると思います。
当然、「ちゃんと成績あがるように教えなきゃ・・・」というプレッシャーもありますが。

自分は歴史系の学科にいたんですが、自分の知識を生かせる仕事となるとアルバイトでは塾講師以外なかなか難しいので、本当に採用されて良かったなと思っています。
人気のアルバイトですが、どうしてもやりたいと思ったらためらわずにどんどん応募したら良いと思います。

正社員塾講師の1日

正社員として採用された後の塾講師の一日はかなり充実しています。

まず朝出勤して講師みんなで集まってその日に行う授業や担当する生徒の人数などを確認します。
事前に欠席届が出されている場合には、生徒の出欠の確認もしておきます。

その後授業がある講師は教室に向かい授業を行うことになります。
授業の無い講師は教材の発注や、授業で必要なプリントの作成や会議などを行います。
塾講師の仕事内容は学校の先生に似ているところもありますが、一般の会社員と似ているところもあります。
日中には教え子の親御さんから質問や問い合わせの電話などが入ってくることもあるので、それらの対応するのも講師の仕事です。

仕事内容の中でハードすぎるという場面はあまり多くありませんが、人気の講師で一日中授業が入っている人の場合は多忙を極めることがあります。
もちろん採用後にすぐにこのような仕事を任せられるわけではなく、段階的に任せられていきます。
場合によっては説明会などで出張をしたり、これから学習塾に入塾させる予定がある親御さんとの面談を行うことも多いです。

採用後に行わなければいけない仕事はたくさんありますが、塾講師の仕事はどれも充実しているので毎日楽しみながら働いています。
参考サイト